閲覧ランキング
ジャック7技解説③

ニーウェッジ・フルアクセル(4RKRK)

ヒザ蹴りから相手を踏み潰す。2発目にバウンド誘発効果を持つので、 空中コンボのつなぎとして組み込もう。

リアクターエルボー(9RP)

ジャンプから肘打ちを繰り出す。ジャックの中では数少ないジャンステ技。 発生が遅いが、ガードさせれば有利な状況を作り出せる。 有利な硬直差で、相手のしゃがパンによる暴れを読んだときに使おう。ヒット時にはアンカーショベルで追撃が可能だ。

ヒッププレス(9WP)

勢いよくお尻で飛び込む中段技。見た目はお もしろく見えるが、実は判定が強くあなどれな い技のひとつ。 着地後はシットダウン状態となり、そこから強力な派生技を繰り出せる。

スレッジハマー(66LP)

突進しながら強烈な肘打ちを相手にお見舞いする。 発生威力ともに優れているほか、ガードされても反撃を受けない。中~近距離戦の主力の中段攻撃。 前ダッシュで距離を調整して、空振りしないように出していこう。 ノーマルヒット時はアンカーショベル 、カウンターヒット時はユンボによる追撃が決まる。

ロケットアッパー(66RP)

前に踏み込み、強烈なアッパーを放つ中段技。 ヒット後は相手が高く吹き飛び、 3RPよりも強 力な空中コンボを叩きこめるのが特徴だ。

ロケットキック(66RK)

リーチが長く、破壊力が高い中段蹴り。壁やられ・強を狙える壁際で使おう。平地でも威力が高くヒット時に相手が受け身をとらなかった時は9WK→LPRPLPRPまで確定する。ガードされても反撃を受けないが、横移動に対して弱く避けられたときのスキは大きい。

メガトンスイープ(4123LP)

回転しながら相手の足元を攻撃リーチが長く横方向に対して で避けられる心配はほぼない。 技として使ってみよう。

おすすめの記事