閲覧ランキング
玄武を目指す熊攻略②

くらえ!地獄のメリーゴーランド!!

リスクの減ったペアシザースからの二択を紹介しよう。ベアシザース(6WP)ヒット後にトリプルハンマー~ハンティングスタイル(WPWK)を入れた後は、寝っぱなし、その場起きしゃがみガードに対応できるベアタックル(ハンティングスタイル中にWP)、その場起き立ちガードと後転に対応できるメリーゴーランド(ハンティングスタイル中に4WP)で効率のいい二択を仕掛けられる。メリーゴーランドがその場起き立ちガードする相手にヒットした場合は1発止めから熊鉄山靠(2WK)で追い打ちし、後転するのが見えたら、2発目まで出し切ろう。

また、空中コンボで熊鉄山靠を決めた後は、走って近付き、横転受け身するのが見えたらベアシザース(6WP)を出そう。うまく重ねれば動いた相手にヒットするため、投げとの二択が迫れる。後転受け身にはそのまま走り続ければ無敵タックルになりやすいため、スライディング(走り中にRK)と使い分けよう。スライディングがヒットしたらベアバサロ(仰向け相手頭側ダウン状態でWP)が確定するぞ。寝っぱなしやその場起きに対しては、仕切り直しになるので様子を見よう。

ベアシザースからは熊鬼神拳が安定。トリプルハンマー~ハンティングスタイルからの二択や、熊ちゃぶ台返しもオススメだ。

けん制+α

けん制の要はペアヘブンキャノン1発止め(6LP)。カウンターヒット後はストレート~エルボー(RPLP)がつながり、2フレーム有利になる。再度ベアヘブンキャノ1発止めで相手の暴れを抑制しつつ、投げ、ベアラリアット(1RP)、熊不知火(1LK)、熊三宝龍(9LK),ベアシザース(6WP)、熊鬼神拳(66RP)などで攻め立てていこう。たまにストレート~エルボー~ローキック(RPLPLK)を出し切るのも悪くない。

そのほかのけん制技としては、ストレート~エルボーがオススメ。1発目をしゃがまれても2発目の発生が早いので、逆にカウンターを取りやすく、ガードされても派生があるため相手はうかつに手を出せない。そこで前述のベアヘブンキャノンやベアラリアットが有効になってくる。ベアラリアットがカウンターヒットした後は、前ダッシュからのベアラリアットが確定し、相手が動いていたら浮き直すので、前転(しゃがみ中に3WP)などでさらに起き攻めへ移行しよう。

ベアヘブンキャノン1発止めがカウンターヒットした後はストレート~エルボーがつながるので、しっかりカウンター確認しよう。

おすすめの記事