ベガ日記② 技インプレッションUブロ編

技の印象を一つ一つ押さえる

立小P…判定が強い押さえ技。くぐり対空、択の起点、間合いが離れたら小ブラストで締めてゲージ貯め。小だとヒット未確認で出せて楽だが、大ブラストに繋ぐと、わざと連続でないために相手の暴れを誘発してヒットさせやすい。

立中P…ガードされても有利で、当たったら屈中Pにつながるし、シャドウアックスにも派生できる。間合いが近いならシャドウアックスに出番はない。カウンターで立中Pがヒットするとシャドウアックスが連続。

立大P…11F確反。ガードされると6Fも不利なのでブラストまで入れたい。ヒットしても単発では不利。リーチもそんなにはない。確反専用と言った感じ。

立小K…ベガ唯一の3F技にして最速技。キャンセルも効くので小技から小ブラストや小ニーに繋ぐ。H±0、G-2なので当てた後の状況が立小Pより悪くキャンセル前提

立中K…突進への7F確反。ガードされて不利、ヒットで有利とわかりやすい

立大K…当てて有利だがリーチが短いのでヒットはある程度見込めていないと立小Pの方がフレームだけ見ると優秀ということになってしまう。立大K→Vトリ→立大K→屈中P→必殺技が楽で強い。

屈小P…普通の4F技。

屈中P…ガードされても1F有利で発生6。ベガでは最強の技かもしれない。

屈大P…当てても不利。対空用。

つづく

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。