レイブンメモその1

タッグの攻略本やサイトから得た知識のまとめ
※このページは更新していきます

防御と崩しのキャラ

2種類の特殊ステップとバク転、リーチの長い技を多く持つレイヴンの主戦場は中距離。

半面、接近戦に使用する技は打点が高く、リーチにも難がある。常に開幕より離れた距離を保つように心がけたい。

中間距離では、先端ガードなら反撃を受けにくく、ノーマルヒットでダウンを奪え るアイアンフレイル(66RK、G-14、発15、中段)が主力。

ヒッ 卜時は相手の受け身に対してハーケンキ ック(1RK、発21、G-14、下段)の先端を重ねて体力を削る。

ハーケンキックをしゃがむ相手 は、ギロチンクラッカー(3RK、発15、G-15、中段)で浮かせる。

間合いを詰めてくる相手には、空中コン ボ始動となるフライングコープス(66LK、発15、G-14、中JS) やポイズンニードル(236LK、発16、G-7、上段)が頼りになる。

66LKは判定の強い中段技で、236LKは驚 異的なリーチを持ち、ガードされても反撃 を受けない上段技。

これらを相手 の置き技に注意しつつ、前ダッシュを刈るように出していく。

上記の技が届かないような間合いでは ホイールエッジ(236RK、発19、G-14、中段)が強力。

判定の 高い技を潜りつつ浮かせ、空振り時のスキ が小さいため、置き技として使いやすい。

ガード時は手痛い反撃を受けるため、前ダ ッシュ〜ガードで対応できない距離で出 すことが重要。

攻め気の少ない相手には、下段のしゃが み中LKを使っていく。

ダメージが 小さく、ヒットしても不利だが、後ろダッ シュや横移動で相手の切り返しをかわし やすい間合いを作れるので、攻めの起点に なる。

23LK(3をやや長押し)と入力すれば特殊ステップか らスムーズに出せるので、長いリーチをさ らに伸ばすことが可能。

時間が少なく体力をリードしている時はバク転で逃げ時間 を稼ぐという戦い方もできる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。