ボブ FR獣段対策

キャラコンセプト
奈落ステップや9WP、6WK派生など中距離から中下段を迫る奇襲技を多く持つ。近距離でも下段を含む多くの連携技で相手に的を絞らせない。半面、暴れは不得意。
避けるべき状況
・下手に横移動して昇竜ぶっぱを食らう。起き上がりに奈落を食らい続ける。お願いスピナッチ(立ち途中RPLP)の2発目に手を出して食らう。心理的不利のまま中距離を維持され続ける。
・66WP投げを食らう。これを食うと相手の攻めに厚さを感じがち。使う相手とわかったら抜けを用意するか、間合いを離したい。
持ち込むべき状況

・近距離フレーム戦でスピナッチを誘い浮かす。
外せない確反(※ページ末動画参照)

・スピナッチ(G-20)、9WPWP(G-17)、昇竜拳(G-20)、奈落(G-28,-17)、スラ(G-26)、6WP(G-13、PCで壁強。レボでは無敵だった。こんなのを気軽に撃たれては溜まらないので確反は必須)

Chance!

9WPからは確反のない上段とガードされると浮く中段の2つの派生がある。オンラインでは過去作の流れから上段のRKを「試す」ように初手で撃ってくる人が筆者の体感では多い。わざと中距離を作って上段をしゃがんで浮かせばボブが得意なはずの中距離に心理的な痛手を負わせることが出来、試合の展開が有利に動いていくぞ

ボブ確反(獣段)動画

印刷用画像

新書版に貼り付けると攻略本になっていく、というもの。興味が沸いた方はご利用くださいな→新書版の無地ノート(amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。