クロワゾネ(236WK)

上上
発生  12 ガード  +6
ダメージ  12,14 ヒット  ダウン
 つい忘れがちになるが、能動的に6の有利が取れる技は鉄拳でもそう多くない強技。特に期待値が高まるのが壁際で、食らうと壁強、ガードしても不利を取られ、さらに壁際で期待値の高い攻めが継続される。これを嫌がってしゃがむ人には横移動から出せ壁強が取れるメヌエットを当てに行く

また、横にもある程度強く、実はサクニーより発生が早いので相手の横移動ガードも刈ることができる

パラードステップからの派生なので、発生が遅いと思い込みがちだが理論上は12ということになっている。ただ、236を1フレームを争う近距離間合いで正確に入力して出すのは難しい。人間の手では少なく見積もっても15Fほどにはなってしまうだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。