アルトロデオ(66RK)

下段
発生  22 ガード  -12
ダメージ  23 ヒット  +4
 FRになり、数値が強化された。
レボではガード時は-13、ヒットで+3発生が遅く、上半身が無防備なためジャンステにすこぶる弱いという怖さが目立つが、実はダメージが高く、トライアングルスプレッド(27)とほぼ変わらないダメージを下から奪える。このダメージは同じ下段のフリージアスラスト(1WK,22)、フラットリップ(背向け中2WK,20)に比べても多い。また、この技から背向けへ移行し、テンペストとフラットトリップの2択を迫るのも強い。

相手が4入れが多いタイプならヒットした時の見返りが大きいので選択に入ってくるが、あばれが多いタイプなら期待値が下がってしまう。

ロデオを決めるためにあばれをきっちり処理する、ぐらいのイメージで戦うと試合の勝負がついているかもしれない。リリのひとつのスタイルでもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。