鉄レボ、ありがとう

自分なりにレボを総括した結果、このゲームは無敵をガードして最大コンボを練習するゲームではないかという結論になった

無敵とテイルで煮えていた人いるけど、このゲームって他にも龍歩とか軍馬とかフレームが他ゲーよりおかしい技がたくさんある

だから無敵

はじめそのキャラを象徴する主力技を覚えてもらうためにクリティカルアーツとして目立つような性能にしたら攻めが強いゲームになったから無敵を用意したんだろう

このことにより不利27とかが必然的に生まれることになる

ここにアケやタッグでは決める機会の少ない最大コンボを決めて鉄拳の楽しさを味わって欲しい、というのがこのゲームのコンセプトだったのではないか

つまり無敵を含めた三すくみなのだ

無敵はガードに弱い、ガードは2択に弱い、2択は無敵に弱い

無敵を暴れに置き換えれば他のタイトルにもすんなり入れる

実際、そうやって自分は鉄拳を覚えた。

なかなか7の家庭用は出せない

そうなると最後発のタイトルは鉄拳タッグになってしまう

シングル戦をなるべく現役に近い状態で楽しんでもらえないか。サーバのテスト、ネット課金の成否も確かめたい

こうしてレボは世に出、長く愛されるゲームになった

レボ勢は初心者が殆どなので、動画などを配信すると叩かれることも多くあったけど、結果的に7にそれが繋がるならやはり良ゲーではあったと思う

レボが無ければ鉄拳を始めていなかった

鉄レボ、ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。