0から始める3rdリュウ攻略①

こんちは。今日は私のメインゲーであるサードの攻略をば。

サブでリュウを使っているのですが、なかなかシリーズの中でも本作のリュウはかなり面白い仕様になっています。よく初心者向けとか言われたりしますが、個人的な感覚ではサードのことを相当理解した人向けの職人系キャラと思ってました。

しかし、冷静に必要な技術や知識を分析するとやはり難しい操作は必要ないので、合うか合わないかは個人のセンスということになります。一応、リュウの特徴を項目に分けて行くと以下のようになる

①ガード崩し力は低い方

SA3電刃波動拳を選ぶ手もあるが、それにしたってガードが崩せるかどうかは相手のブロッキングや読み合いのスキルにもよる。ただ、能動的にガードを崩しに行くスタイルじゃないのがそもそもリュウ。逆転性は低いキャラなので、体力をリードされるとやや辛く感じるところはあるが、一気に体力を奪うのではなく、あくまで試合運びで逆転する、そこに楽しさを見いだすキャラだ

②スピード命

試合展開の速さが重要になる。リュウを使うなら相手に考える時間を与えるといくらでも厳しい攻めを展開されてしまう。得意の距離で波動拳とダッシュをうまく使って相手の思考力と対応力を奪わなければならない

③ダメージソースのメインは対空

概観するとやはり地上戦で相手に勝って飛ばせて落とすというスタイルになる。対空が本作最強のキャラはダッドリーという声はよく聞くが、私はリュウの方が対空が強いと考える。なぜならダッドリーはターゲットコンボが届かない距離で飛ばれると辛いが、リュウなら遠方の飛び込みもカバー出来るしダッシュで着地攻めも出来るからだ。対空はセンスがいるが、全てはその前段階の地上戦にかかっている。どうやってローリスクに体力を削るかに心血を注ぎたい

④3つあるSAは全て使える必要がある

リュウで固定の相手と長期戦をやるなら、SAは使い分ける方がいい。相手の対策をなるべく絞らせないためだ。ここは明確な方針を持っておくというより、なんとなくのその場のイメージで切り替えて行くといい。他のキャラがあまり選択の余地が無いのに比べるとリュウの魅力は3つのSAがどれも悩みがいがある点にあると言える。最近の有望株は電刃だが、真空、真昇龍にもそれぞれメリットがある。確反を撃つ機会が多い相手、小足×2が決まる機会が多く訪れるイメージがある相手には真空、対空の場面と、近中パンを決めるイメージが出来ている相手には真昇龍、対策が出来ていない相手には電刃が猛威を振るう

相手が下ブロ多めなら真空も近立中Kから決めていけるので、期待値があがる

⑤君が赤ブロ出来るまで中足波動をやめない

初心者同士の戦いでは中足波動が猛威を振るう。中足波動をブロッキングできる人は実際には中級者帯でもほぼいない。ヤンの中足蟷螂が赤ブロ出来る人になかなか会えないのと同様、大会上位安定者でも無い限り中足波動はほぼ赤ブロされない。こうなると中足波動は体力削り、間合い調整として絶大な力を誇ります。相手にゲージが無い時は一生中足波動。これが最も大きなリュウの柱です。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。