レボは成長効率悪い?(追記)

画像は全然関係なし

ただの晩酌です

※このブログ、タイトルに即してない内容なってました(笑)ので追記

レボが成長効率ワリーなと思う理由はリベマがないからです。別に無敵があるとかステータスがあるとか、7のキャラがいないというのはそんなに問題に思わない

それぐらいならゲーセンに足を運ばずに格安あるいは無料でもできるレボの効率の良さがアケ版より確実に上回る

しかしリベマがないことによって次々に当たる相手が変わる、これはものすごく知識が定着しにくいと言えます。レボで強くなるなら録画は必須。クニミツ対策したらクニミツ出てきた時に何度も戦いたいじゃないですか。特に自分は分析型の対戦が得意なので一期一会の相手に勝ち逃げされるとかなりストレス溜まります

分析の分析されたらまた弱いんだけど^_^;

せっかくファラン対策頑張ったのにカポエラが来てクマが来てわからん殺し、わからん殺しは覚えればいいんだけど次はシャオユウ

これは煮える

ガキの時に対戦でキャラを複数使い分ける人にも既に煮えてましたから(笑)1キャラ覚えさせろよと。鉄拳は特に技の認識の難しいゲームです。なんせエフェクトがないから基本みんな手と足を振り回してるだけ。波動拳とか昇竜拳とか言わない。次に小中大の様な序列が基本無いから4つのボタンそれぞれの技を覚える必要があります。2Dは6つボタンあっても小中大には共通の特徴があるため、出された技が小なのか中なのかは初見でも必ずわかる。鉄拳の場合はそれがなんという技であるかコマンドと名前を知る努力をし、フレームを調べなければなりません

そしてその単独で覚えないといけない技数が1キャラ100以上あるのです

これが毎試合キャラ変わってるとまず記憶が難しくなる

普通こういうのはたぶん身内対戦で覚えていくんですよね。ある日タッグで1日だけ身内対戦やりましたが、うわーこれは1時間がレボの100時間以上に相当するわと思いました

だから鉄拳強くなるのに必須の行動は身内対戦出来る人を見つけることだと思います

知識が定着したらオンをやっても成長効率いいんでしょうけどね

でもその環境がないからみんなレボやってるんですよね。レボというのはぼっち地方テケナーの墓場です。そんな環境でも鉄拳というゲームを楽しんでやってるみなさんを尊敬します

まぁ表題に関しては以上。

昨夜は一日レボやってしまいました

最近対戦した人から結構メッセージがもらえます

youtubeやブログを見てくれている人らしくて、すごく好意的なメッセージばかりです

レボはあまりに煮えた人がID晒しなんかやってるスレもあって、僕も羅段にいる時は「晒すぞ」みたいな脅しメッセージももらってたんですが最近はもうそんなにメッセージほぼ皆無ですね。ありがたい

リリ使って朱雀までやっと行けたんですが、最近は夏休みの強者たちに勝てなくて羅段まで落ちましたw

神段昇格フラグまで立てたのに〜

なのでここは開き直ってリリで得たノウハウ使って吸血鬼やフェンとか使ってみたんですが、やっぱちょっとした確反とかで使い慣れてないから相手に触れない

このゲーム容易にはサブに移れないようになってますね

自分の課題はボディスマ、ライトゥー、右アッパーへの安定確反です。これが壁ですね。これが安定したら神段へ行ける気がしてます。

まぁグダグダしゃべりで終わるのもアレなので、最近のキャラ対を書いておきます

リリ…バクフリ派生を右によけるか12フレ技で返すかという選択肢を持っておく。意外とライトゥーが厄介なので接近戦でパナしてくる人には対策いる。相手にするとこれっていうとらえどころがないけど、テンペストにしゃがパン、マルスミスにワンツー、ホルン浮かすは徹底。確反を地味に決めていくと相手の動きを段々制限できるから結果勝てるという気がします。逆にライトゥー何度も食らう展開はまずいです

キング…ボディスマとライニー確反を何とかするのが課題。ほんと課題。それと起き攻めシャイニングです。ねっぱ多めでいいのかな。とにかくライニーボディスマ多い相手には確反意地でも決めたい。ボディスマは勝ちに行くなら、背向け叩きつけ時の起き攻めある意味捨ててもいいかもしれない。あとラウンド開始時は相手の選択肢として、1、2手触ってから3RPLPがあるあるなので、ヤマ張ってしゃがみ浮かしを意識しておくと優位に立てるかもね。なぜか序盤なんですよ。後半にはあまり見ない。この技。キングを安定して倒せると段位戦のポイント安定します。体感最も多いキャラだから。

ブライアン…ブラックアウトトラップという3RPLKかな?これを意識。触りに来たり確反ミスったりでガードしたら確実に13確反でダメ取りましょう。相手はミドルキックの位置を維持して置き技やフラヒしたいわけなので、ブラックアウトで簡単に位置調整されるわけにはいかない。長い連携が多いのでガードしてるうちに相手が何をしたいかわからなくなるが、意外と下段はそんなに脅威でないから頑張って立ちガードから横移動などで隙を奪いつつ接近してフレーム戦へ。確反でほかに知っておきたいのはボアクラッシャーにトゥースマ、立ち途中のダブル膝にワンツージャストで入ること。ジャストでも2発出してるから認識が簡単。確反は必ずできます。

エリザ…吸血鬼。3種類のジャンプ技で撹乱してくる相手は雑魚です。烈風拳につなげる技は12フレ確反で烈風つなげようがつなげまいが問答無用でぶっ飛ばし。参考動画。烈風つなげる確信があるならライトゥーで割り込むだけ。これ知ってるだけでも大分安定します。もうひとつのジャンプ技はトゥースマが安定して決まるのでこちらも押さえておけばOK。エリザはガード崩しも弱いので投げを多用してくると思います。その投げがWPなのか右なのか、戦いの中でよく把握して抜けることが大切。

カズヤ…カズヤも多いキャラなので安定できると昇格に直結する。カズヤのポイントは「二発目しゃがむ」です。よく言われてるのは左に弱いから左横としゃがみ多めで風神と奈落両方に対応するってこと。しかしそれだけじゃ方針大まかすぎるしカズヤもそのこと知ってるのと、レボカズヤは鬼蹴り多めなのでしゃがみは結構出しにくい。そこで推奨するのは2発目しゃがみトゥースマです。触られたら反応でしゃがんでトゥースマ。こうすることで、キエンはガードしつつロップや魔神連震殴打の二発目止め、そして嫌なワンツー下段ミドルキックを全部しゃがんで返せます。ワンツー下段は厳密にはワンツー部分は強制ガードになってローのところでしゃがめる。なぜかこの技なかなかしゃがめないでしょう。触られたらしゃがむと覚えるといける。
こういう戦術をとるとロップ2発目を中段に変えてきたりする。そうすると確反が決まるので逆に楽です。リリ使いはバクフリを一度置き技にやられたら二度はおもむろバクフリは出さないようにしたいところ

クニミツ…クニミツもかなり多いですね。いろんなわからん殺しを持つ。細心というミドルキック下段には1年ほど悩みました。今でもたまに食らうことあります。しかし1試合に2回も浮かせばもう使ってこないですね。このキャラはとにかくわからん殺しを全部潰すこと。ステップから出してくるフランケンシュタイナーは下入れで抜けます。鉄拳はこういう知識ないと抜けれない技用意してるのが不思議です。それから砂塵回線という技があるんですが、これはタッグでは13確反が決まるのにレボでは確反がありません。投げと下段でニ択をかけましょう。最も嫌な技は裏天楼という側転2発の蹴りですが、確反がなく有利を生かす行動も難しい上に横移動でもかわしにくいすごく嫌な技です。一応、タッグでは2発目を避け技、リリならデンドロビウムで反撃できるんですが、レボでできるかは未確認。

またわかったら書きます。誰かラース対策教えてください。シャドウカッターだけでやられたりしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。