器用貧乏では生き残れない?!ウメハラトーク回から

ダイゴthe beasTVの日本語トークオンリー放送回で少し深い話が出てくる。

https://youtu.be/ZgQlRKUV-dU
この回は、ウメハラ、ボンちゃん、そして第3のオッさん、折笠格(おりかさ・いたる)さんという男が登場する。

一見ウメファン的にはメインの2人のトークとアシスタントぐらいの構図になっているのだが、私的にはずっとこの折笠氏こそこの回の真の主役と思って見ていた

この人物は何者か

ウメハラは説明する

元はウメハラマンガの原作者であったと。

しかしそこをクビになり、次はbeasTVの裏方をやっていたがそこもクビになり、ニートになってしまったが気が合うから出演させることにしたと。

なぜそんなにクビになるのか

ウメハラは続ける

最初に能力値を振り分けるゲームで言うなら、全部均等に振り分けてしまった人。

だから何をやらせても俺以上にはできるけど、ボス戦に連れていけないんだと

ウメハラはゲームだけに特化したからそれ以外はもうダメ人間、プロゲーマーじゃなかったらヤバくね?おれ、と聴くとボンちゃんもそれは頷く

しかし社会ではそういうアンバランスな人が評価される。それって変じゃないか、とウメハラは続けて主張する

いや、いる場所が悪いんじゃないか

自分なんかはそう思う。器用貧乏が悪いんじゃなくて、器用貧乏なのにフリーランスのような位置にいるからダメなのだ。普通はその自覚がある人はもっとコンサバな仕事に就いたり公務員になったりする。そういう場所では梅原のいうとおりバランスが全てで、特化した力で後はダメ、みたいな人がむしろ淘汰される。

それはそれでつまらない世界だ。そうなるとクリエイティビティが失われ前代のシステムの消費者のようなストイックな仕事に追われる日々になる。

しかしこの折笠さんみたいな人ならそこにいるべきだったろう

あまりに敗北の多かった人生なのか、ちゃんとコメントまでセンス悪く、初めて会ったような年下のボンちゃんからもだんだん舐めた口を聞かれるようになってしまう

ただ、ウメハラの「全部平均以上」は正しい評価なのかも疑問だ。折笠さんがボンちゃん怒らせた瞬間てのは話聞いてなかったことが原因だった。全般的に放送を見ていてむしろこの人はADHD系に見える

トークよりも物書きが得意な人

反射神経がやや弱い

そうだとしたら公務員的なものよりはクリエイターでいいことになる

いずれにしてもボンちゃん、視聴者から割と冷ややかな目が向けられ続けた折笠氏にウメハラは色んな言葉でかばい続けた

普段あまり友達のことなど気にしないマイペースに見えるウメハラの意外な熱さを知れる神回でした

ちなみにこの放送の中でウメハラ自身もよくクビになった、財布をよくなくす、と言った注意欠陥多動症的な一面があることを話している

ウメハラは自分の特徴に沿って正しい場所につけているから成功している、という事実。

いろいろと示唆的な放送でした

ボンちゃんは逆に真のバランスタイプみたいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。