鉄拳レボマニアックス リリ攻略② 相手キャラ印象

前回、リリの私的ランクの話をしましたので、その他のキャラのリリ目線のインプレッションを書きます。カッコの中はリリから見た相性。2Dなどで10点割り振りに慣れている人は不利=3:7、微不利=4:6、と思ってくれればいいです。有利な気がする、は5.5:4.5ぐらい

レボの強キャラ
・ロウ(不利)
ドラゴンテイルの発生が早く、サマーまで入れるとP200レイジ状態ではえらい減り
無敵の発生が早くリーチが長い
ドラゴンラッシュという下段が混じった技に確反がない
全体に確反や横に弱い技が少ない(そのかわり、しゃがみがやや崩しにくい?)
ポール(不利)
下段(霹靂)がクソ減る上にスカっても出し切れば確反ない状況が多い
P200レイジ崩拳のクソ減りっぷり、しかもほとんど確反ない
無敵の発生が12で確反にも使える。最低
軍馬に確反なくなった
あびせ蹴りがやや出し得くさい
カズヤ(微不利?)
見えない下段、奈落はやはり強い
無敵の性能がいい
フェン(五分)
無敵が速い、12フレ?
龍歩が浮かなくなっている(12?)
そもそもシリーズの中で強キャラ
キョホが山ステのかわりになる
その他のキャラ
キング(五分)
かなり潜るボディスマを立ちから出してくるキングは注意。起き上がりにシャイニングしてくるキングの対策は必須
ドラグノフ(微不利?)
ソバットに当たるとショックが大きいので開幕に集中しながらジャブ置き重要
スティーブ(五分)
一度張り付いてからカウンターを狙うというスティーブの狙いを理解する。手を出すのは距離を取ってから。リリはステブ戦ではハイキックが機能する(後述)
レオ(五分)
手足を小さく振り回してるから、技を覚えにくい。無敵の発生が速いの振り回してくる人も。しかし壁に追い込まないと下段が崩しにくいらしい。右アッパー、立ち途中アッパーを置くのが狙いだが、確反があるのでしっかり返す。金鶏独立は基本立ちガードで期待値勝ちする。余裕がある時にたまにしゃがんで、ぼっ立ちと思われないようにする
アーマーキング(?)
レアだからわかんないw当たる日はロンダート派生の対策を用意しておく
クリスティ(有利な気がする)
下段派生が狙い。どうせ無効もわからん殺しが狙いだからこっちも無敵でバンバン。ただ、リリはそんなに苦手な相手じゃない模様。接近戦で技を振らせないようにして倒す
リーチャオラン(五分)
よーわからん2。ダブルシグナル(6RPLP)の2発目をしゃがむことだけ覚える
ミゲル(五分)
最終的にルードチャージを狙ってくるミゲルが多いのでガード後しっかり2択にかける。突進技はどれも確反があり、下段も癖を知れば反撃できるものが多いので要トレモ。ゆとりパンチだけは見えなくても仕方ない
ボブ(?)
わからん3。出会わなすぎる。下段派生を覚えよう、ぐらい。
仁(五分)
623ステ技にどれも反撃があるのを知る。LPの方は確反、RPとRKの方はしゃがみライトゥーで。構えから下段は羅段以下ではよく見るのでしっかりしゃがんで反撃。ガード固く攻めていると煮えて両投げしてくる人が多いので抜けは必須
ラース(微不利?)
強キャラ。7で削除になる3RPが強すぎる。シャドウカッターは確反代りに使われることが多いから傾向を知ったらガードから反撃。ただし裏をかかれて6WP食らわないように。消えろ、は14も隙があるからきっちり反撃を。トリガーを浮かせられたらグッと勝利が近づく
アリサ(五分)
ダイナミックレンジ(4WK)を乱発する人が多い。タッグ、7は発生19だが、何かそれより速く見える。リリは見てからマルスソード、バクフリで刺せるが、待って無敵が楽。ライトゥー二発目にはトゥースマ、ワンツーアクセレートキックにはワンツー、ブートには基本はしゃがみ、ただしでっかい中段の浮かせ技があることを忘れない、体力なくなってきた時の無理やり近寄ってWP投げを抜ける、起き上がり技をワンツーで返す、これだけ守ればかなり勝利は近い
デビル仁(五分)
近寄られたら飛んでから派生で返す人が多い。大体の人がライトゥーで返すがリリはバクフリが便利。
熊(有利な気がする)
盆踊りみたいな3連突進は3発目に反撃ないので、2発目をしゃがんで反撃。狙いはダウンしてからの起き上がり攻撃なので無敵を合わせる。ゴロゴロ転がってくる大ダメージ技は無敵合わせると相打ちになり、相手がP200だと痛すぎるので立ちガードでいい。前に長い似たような連続突き技をたくさん持つが、どれも大体13反撃が入る
シャオユウ(五分)
流星脚と横移動下段、背向けからの択が軸。流星は確反ないので横移動。下段はジャンステ見せて抑止したい。背向け択はコビキャクに確反入れることが第一目標。跳弓脚(通称くるどん、不利11)をガードしても確反にならないワンツーはしない。それしたらまたどっかんを食らう
飛鳥(五分)
刈り足にはしっかりトゥースマを入れる。壁際では当身をよく見る。これには下段やホーミングを。水面蹴りに派生できるパターンをしっかり記憶する。レボは鬼殺しにエフェクトがついている分、飛鳥は7より弱いとも言える。無敵と流雲に頼ってくる人が多い。とにかくしっかり立ちガードを。
準(五分)
飛鳥と同じだが、ライトゥーを持つのでしっかりガードして13確反を。ある意味で飛鳥相手よりダメージソースがしっかりしている。後は刈り足、出雲の派生を覚えることと、十返沙(3RP・RP)に13確反が入ることは覚えたい
ブライアン(五分)
レボのブライアンはどうも戦い方が分かりにくいものの、基本はチョッピングをガードさせてからの有利な攻め。ただ、リリには置き技をしてくる人が多いのでバクフリは封印して接近戦を挑む。スネークエッジは単発感があってなかなか見えにくいが気にしない。立ち途中LKRKは絶対確反すべき危ない技だが、ジャスト10なので自信がない場合は択をかける
クニミツ(五分)
第一は細氷(3LK,RP、中、下)をしっかりしゃがんで浮かすこと。それさえ封じれば後の攻撃はだいたい確反があるのでガードを続けているとじれて無敵を出してくる。無敵に反撃したら次は右投げをしてくるのでRPの用意。消える技は多段技に集中、ガードで13なので12までの中段確反を入れる
ファラン(有利な気がする)
最大の狙いは画面端でのフラミンゴで択。わからん殺しっぽくなるので画面端にいかない。無限遠ではファランはかなり不利ではないか。開幕はファイアクラッカーを出してくる人が多い。これをしゃがんで浮かす。後は、距離が空いたらフラッシングトライデント(9WK,RK)を出してくる人が多いが、多段なのに不利13なので、ガードすれば必ず確反できる。これを逃さない。エアレイド(9RK)は下段が混じっているのに確反できない嫌な技だが、全部ガードしきればそれだけでファラン使いに絶望を与えられる。一応、最終段を左横でかわしてスカ確可能
ジャック(微不利?)
66派生は左に弱いが、左横移動を阻止するためにジャックは右アッパーを打ってくるはず。このアッパーが不利14なので、むしろ横移動を見せてアッパーを刺すようにしても面白い、と思うのだがなかなかうまくいかない(笑)はりついて択をかけ続けるといい気がするけど、リリはジャック少し苦手じゃないかと思う。デカい手足が置かれるとバクフリが死ぬ
ジェイシー(?)
わからんその4。ほとんど見ない。ほんとわかりません
エリザ(五分)
3つの跳びあがり技を理解することが重要。烈風拳につなげる技はその前にライトゥーで割りこめる。突進技は不利11だが、ワンツーを入れるのは至難なのでシカトでもいい
リリ(同キャラ)
キャラ対の項目で詳しくやるが、WPを意識する。バクフリはWPでほぼ封印。そうやってじれてきた相手はラフレシア(WP)でしゃにむに投げにくるが、やはりWPで抜けられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。