鉄拳レボマニアックス リリ攻略① リリのキャラランク編

こんちは、「ケン攻略マガジン」から来てくれた人はお久しぶりです。

鉄拳レボ初めて1年でようやく白虎まで行きましたんで、ちょっとずつリリ攻略のようなものを書いていこうと思います

ネットに7やタッグの攻略は溢れていますが、レボの攻略はステータスと無敵のせいで鉄拳じゃないと言われたりしてなかなかちゃんとした攻略がない。でも、やりこんでる人はいっぱい居るし、7が100円2クレじゃない地域に住んでいる人には鉄拳の対戦の機会という意味でも重要です。ひとつくらいはそういうサイトがあってもいいのかなと思って書いていこうかと思います

ちなみにレボの段位と7の段位の互換で言いますと、自分がよく見てるグッピさんという方がレボは拳王で7は狂拳、百虎の自分が7で名人~大蛇を言ったり来たりしてるので、そういうレベルの攻略です

ただ、レボと7はほぼ別ゲーなので、7で羅段だからすぐに王段、とまではいかないかもしれません。逆もまたしかりですが。

今日はレボのキャラの中でのリリの位置づけとを語ります。

まず、鉄拳レボにおけるキャラランクをもし付けるとしたら、リリは中位からやや下になると思います。

理由

①中位の下段がない。特にしゃがステ技
②中距離を押さえる気軽な技がない
③右アッパーの隙がデカくて気軽にふれない
④全体に火力が不足
⑤強い2択の状況が背向け
⑥わからん殺し技がない
⑦バックダッシュが弱い
⑧無敵技の発生が遅い

レボリリのいいところは、連続技が簡単でバクフリとエーデルワイス、ローズピケという簡単な初手技や当てやすい下段始動のコンボがあり、それらのコンボがほぼ全部最速でつなげて最大狙えるなど、気を使う要素が少ない、使いやすいキャラであることです。他キャラ使いもすぐにリリが使えると思う。しかし、だからこそみんなリリのことをよく知っていて中級以上は伸び悩みます。

実際、赤段以降は急激にリリがいなくなる。それに加えて上記①~⑧の弱点。

①中位の下段がない。特にしゃがステ技 中位の下段というのは私の造語ですが、要はシャープナーやシャドウカッターがないということ。リリの下段と言えばエーデルワイスを除くと、ソーンウィップやロデオですが、どちらも上半身の食らい判定が無防備なので暴れに弱すぎる。ソーンは当ててもほぼ五分なのに、ガードされると確実に確反され、ロデオは66入力という出しづらさもあります。だからリリの近距離は下段の代りにクロワゾネとなってくるんですが、これがなかなか近距離では出しにくい。相手はわりと立ちガードで安定してくるので、フリージアスラストなども狙っていかないといけないでしょう。

ただ、しゃがステで相手の上段かわす目的のみならマッターホルンキャノンが超強いです

②中距離を押さえる気軽な技がない キエンをイメージしたものです。3LPデフュは強いけど、中距離で当てられない。LKや3LKがそれに代わる技ですが、LKは背を向けてしまう分が癖が強い。

③右アッパーの隙がデカくて気軽にふれない リリの右アッパーオルレアンソードはスカ硬直がありすぎてこれまた出しづらい。置きアッパーを他キャラのようには出せません。

④全体に火力が不足 リリはバウンドを前提としたタッグでは猛威をふるいましたが、そこからバウンドを削除したレボでは、ただコンボの総ダメージが減っただけ、崩拳のようなカウンター一撃必殺技もないし、壁際でのニ択も強いけど、壁際大先生とまではいかない。となると、一度や二度読み勝てば勝ちとか、適当に降った技が事故で当たって勝ちってわけにはいかないんですね。そこで、一度のコンボで最大を狙うよりは、7のようにバクフリ出し切りから背向け択を狙い、テンペストを決めていく戦法が有効であるように思います。また、画面端ではしゃがみをいれこんでいる人かどうかを見極めて、66RPから3RKRKを決めて大ダメージにつなげたいところです。結構当たります。

⑤強い2択の状況が背向け ニ択に限らず、レボリリは置き、刺し、2択どれも極端に強いとは言えません。ということは3すくみをしっかり押さえたうえでのキャラ対策が重要になってきます。相手を知らないでは勝てないキャラかもしれません

⑥わからん殺し技がない 冒頭で申し上げた通り、みんなリリを知ってる。加えて、わかっていても食らうような、びっくり技(例えばクニミツの細氷)もないし、全然楽できません。びっくり技がないということは、止まっていると安心して攻められてしまうということでもある。スピードでごまかすような速い展開が奏功する場合もありそうです。そして何より、こっちがスタンダードな分、相手のわからん殺しにやられると煮えるのでやはり相手への知識が重要なキャラです

⑦バックダッシュが弱い その分、横移動、歩きが強いわけですがリスクも背負っているので、どうしても相手の得意な間合いから早めに脱出する山ステがほしくなる。実際、山ステがあるとかなり勝率が安定してくるキャラのようにも思える。ただ、無くても戦えないということはない。王段でも山ステ使えない人はたくさんいるし、7羅段でも山ステがない人はいる。しかしどんだけ難しいんだよただのバクステがw

⑧無敵技の発生が遅い レボならではの事情ですが、上位キャラはみな無敵の発生が速く確反に使ってくるほどなのにリリは無敵の発生が切り返しには使えないほど遅い。これによって守備力が上位陣から比べるとすごく落ちるわけです。リリを使うなら守れない。山ステなけりゃ攻めて攻めて攻め倒しましょう

以上のことからリリは中位からやや落ちるキャラになると思います。ただしバクフリのおかげで戦いやすいキャラがいることも事実。次回は、レボ全キャラのインプレッションとリリとの相性を考えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。