スマホ修理屋さん マイナス1億万点、訴訟

いやーマジで参りましたわ

基本はiPhoneからブログ更新してますんで、iPhoneが使えないと僕はたちまち文盲になるんです

キーボードの前に座ってるときはガチの仕事するから、ブログはその飽き時間でやるしかないってのと、ブログみたいなもんは姿勢が自由じゃないと書けないんですね。僕の場合

そういう意味で今回のiPhoneブッ壊れ劇は参った

きっかけはファミレスのレジでiPhoneを落としたことから始まりました。スマホカバーはしてたけど、タッチパネル部分がサイドより前に来る作りだったので実質意味のないカバーだったんですよ

なので結果、粉々

まぁそれ自体はアップルケアに入ってたから8000円ぐらいで復活したはずだったんですが

ここでアプリに大切な動画をたくさん入れてたことを気にしてしまったんですね

こいつはバックアップでは引き継げないんです

だからどうしようかと思った俺は、ある時スマホの修理屋さんてやつが福岡県のA市にあるのを思い出した

アップルケアに入ってると修理ではなく交換になるんです

だから中の動画も死ぬ

しかし修理なら。

一か八か頼んでみたら11000円とややケアより高いものの直してくれました

なかなかの好青年だった

1人でやってるみたいです

ところが帰ってからこのスマホの調子がすげー悪い

タッチパネル部分が勝手に動いて、どんどんクリックしていく

おかげで友達に変なライン送ったりフェイスブックに変な投稿したり勝手な買い物したり

もう全く使い物にならないどころか、触ると人生が狂う

これはいかんてことでスマホ屋に持って行ったら、そこではなぜか磁場の関係なのか何なのか、全然その狂いが起きないんです

そこでだけ起きない

再現しない以上はどうしようもできないてことで何もしてくれませんでした

しかも持って行った時には前回の兄ちゃんだけでなく、変なB系ラッパーみたいな奴が3人くらいついとる

もうこれはケアに頼もう、10000円は無駄になった、と諦めて頼みに行ったら、今度はアップルの方から、「ん、これは純正とは違う部品を使ってますね、受け付けられません」と言われてしまった

もう散々です

10000円どころか毎月払ってきたアップルケア代までパァにしてしまった

結局買い直しです

9月に発表されるというiPhone7を目前にしておれのiPhoneは6sに買いなおさざるを得なくなった

皆さん、iPhoneが壊れても間違っても修理屋さんなんかに持って行ってはいけません

マジで訴訟起こしたいんだが、おれにとって一番の苦しみは文章が書けなくなることだから、言葉を奪われるよりはそれを金で買おう、一種の保釈だと思って泣く泣く6sに更新することにしました。

しかし悔しい!

この借りはブログ更新しまくることによってかえしてやる!!
おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。