起き下段蹴りについて(仰向け足側ダウンから)

Q.起き下段蹴りについて教えて下さい。

A.全部で4種類あるので、記事を分けてご説明します。

鉄拳には4種類のダウン状態(仰向け・うつ伏せ)×(頭側・足側)があり、どのダウンから出したか?によって、起き下段蹴りの性能はそれぞれ異なります。まずは頻度の一番高い「仰向け足側ダウン」からの起き下段蹴りについて動画を作ってみました。

 

まとめると、

ヒット:+5

カウンターヒット:コンボへ移行

ガード:-12

横移動:どちらかといえば左横歩きが有効

主な使い所:相手の起き攻め技にカウンターをとる

失敗すると:コンボ始動技を食らう危険もある

出しどころは「相手の起き攻めがくる少し前」。カウンターを狙い、コンボを入れましょう。コンボレシピは通常と異なることが多いので、自キャラのコンボについては調べておく必要があります。動画では横移動キャンセルからリリの2LP派生を出していますが、鉄拳7では生ロータクトからのコンボで良かったと思います。また、ノーマルヒットでも割と大きな有利フレームがあるので、割れない連携も使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です