動体認知が並以下で3D格ゲーに挑む場合

えー、弟子やーすです。

最近は全技フレーム付きの動画なんかを作ったりしていますが、何か特殊なツールなどをやって効率的にできているわけではありません。

みんなが一度は思いつくけど、面倒だからやらないことをマジでやっているだけの話。

たとえば今夜はラッキークロエ編を載せましたが、あれにしたって4時間はかかっています。

ただ、あんなんでもしないと、とてもじゃないけど1回100円(場所によっては50円)にかかる金と時間の価値を取り返せる気がしない(笑)ので、完全に自分のためにやっています。

僕は基本的に格ゲーは分析と考察とシステム理解で食ってきたプレイヤーなんですが、鉄拳はいま自分がどうやって何の技を食らって負けたが全然記憶に残らず、分析が非常にしがたいんです。

反省して分析して対応できる、そのステージに立つまでにすでに相手の技がどんな種類のものか、たとえばスラッシュか、トゥースマか、ショートアッパーか、右アッパーかぐらいの見当がつかないといけない。

3段目があるのか、4段目があるのか。

もし、10あるうちの攻撃の1つか2つにやられたのなら、その1つや2つを調べる労力は大したことないかもしれないけど、10ある攻撃のうちのAにやられたBにやられたCにもやられたDにもやられた、となって、だいたい5個くらいにやられるともう記憶は無理だと思います。

もしこれが派手なエフェクトがついていたり「波動拳」「昇竜拳」と言ってくれるなまだいいのですが、ただ手や足を振り回しているだけの攻撃のバリエーションに5つ以上性能に見当がつかなかったらわからん殺しになってしまうと思っても過言ではなかろう。

ひとつのヒントは、もし経験のある人だったら、技の動作を見ただけで、それが3RP、中段、おそらくワンツー入る、ぐらいの予想にはなってくる。

しかし経験がまだ十分といえない自分にとってはクロエのショートアッパーはずっと右アッパーと思っていました。見た目的に。

この辺のことをゲーセンにいて高速で確認するためにはやはりスマホのローカルに動画をため、オフラインで動画を見れるようにするしかない、というのが結論になりました。

多くの初心者はどうやってオンラインで相手の技を覚えていくのでしょうか。

私は鉄拳レボリューションで相手に対して恐怖感がなくなったのは10か月たったほどでした。

自分なりに相当数の時間をかけてきたと思います。毎日2時間はやったでしょう。

わからない技があれば動画にまとめて、振り返って確定反撃を調べた。それでようやく当たりがついてきたのですが、それでもまだまだ知らないものは多い。

レボでは3000勝ほどになっていますが、たぶん総試合数は6000試合ほどでしょうね。これは7の羅段の人と同様のやりこみ数。

加えて自分の試合を動画で見返すまでやって、まだ獣も安定しない鉄拳7(笑)

まぁ普通に考えたこんな記憶力の悪い人は絶対に向いていないと思うんですが、苦手なことをどう克服するかという経験は何だか応用の効くノウハウが手に入りそうでもある、というわけで、この動画シリーズも苦肉の策ながら続けよーかなーと思ってます。

しかし本当、このゲーム初めてすぐ面白いと思える人はどんな人なんだろうか

そうでない時点で手を引くべきなのか、自分のやってることは止まっているブランコを動かそうとするほど難しいことなのか、脈のない鉱脈を掘っているのか、いろんなことを思いますが、今更辞められませんね。少なくとも羅段なるまでは絶対やめられん

それにしてもギガース始めてまだ1勝もできてないのが悲しすぎる。相手が明らかに下手なトーシロとわかっていても生ロー連発モードに何もできねえ。

さばくぞさばくぞさばくぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

このブログの著者の1人で鉄拳ではまめちーの弟子。鉄拳歴は1年。昔見たリリ使いの綺麗なお姉さんに憧れてリリ始めました。スト3サードが本業です。月火水の更新が担当ですが、他の曜日に書くこともあります。 2D→3Dの挑戦は非常に厳しいですが、その成長の過程も誰かの参考になったら、とも思ったり。ブログの内容についてはお頼りやコメントも是非ください。