SMAPの解散 キムタクだけ残留

キムタク以外独立(日刊スポーツ)

未明にこのニュースが飛び込んできた時はガセだと思った。しかし日刊スポーツ以外の数社が速報し紙媒体を出してるとこも日刊だけではない。思わずコンビニに走るとしばしコンビニの店員さんと談話してしまったほどだった。

日刊スポーツに書かれている概要によると、昨年末までにメンバーは結論を出したという。理由は育ての親のマネージャーの退社によるもの。この時、マネージャーについていくと結論を出したのがキムタク以外の4人で、キムタクは事務所をとった。

そう書かれている。マネージャーは事務所の中での立場が微妙なだったともある。今日は1日この話題で持ちきりだろう。SMAPによる共同会見もあるかもしれない。

ただ、タイミングについてはいくつか憶測も飛ぶ。SMAPのファンによる掲示板などでは、

  1. ベッキー事件の火消し説(ダイゴと北川の結婚もこれだという人もいる)
  2. 飛鳥のブログの火消し説
  3. マネージャーというのはカモフラージュでSMAPは不仲だった説
  4. 芸能界全体としてSMAPがオワコンになっていた説

いろいろあったが、もちろん真相があったとしても全てわかり尽くすということはないだろう。ただ、個人的にはやはりマネージャーの退社などはいつでも出来たことで、何かこのタイミングに意味があるような気がしてならない。

SMAPの解散というニュースではなくて4人が独立するから事実上解散。しかしキムタク1人でSMAPと名乗ることもあるまい、と締めくくられている。

歌の著作権などはどうなるのだろう。

おすすめの記事