バイス、クラーク、裏社 ~投げは強い~


今回のピックアップキャラはバイス
久しぶりの更新。
クラウザーに対抗できるキャラを考えている。パッドでもやはり強い帝王。
大会の動画などを見ているとバイスは使えるんじゃないかと見て先日の対戦会で使用してみたところ、なかなかの強キャラ。特に、画面端での起き攻めは無類だ。
起き攻めは基本的に、ブラックンド(ヨガフレイムP投げ)と立ち大Kの二択。無敵があるキャラには逆択にも備えないといけないが、この二択がとにかく強くて、かなりの体力差でクラウザーを迎えてもまくることができる。ブログの最後に動画をつけたので参照のこと。

この体力差でもまくる
立ち大Kヒット時はそのまま超必殺を狙ってもいいが、メイヘム(竜巻K)やゴアフェスト(逆ヨガ前P)に繋げるのも継続性があっていい。筆者などはヒット確認がしやすいゴアフェストをよく狙う。超必殺技のネガティブゲインはダメージが大きいが、間合いを大きく離してしまうので一気に勝負をつけたい時には逆に不向きかもしれない。
それは画面中央でもいえることで、ダメージを優先するなら投げが決められる状況ではネガやブラックンドの方がダメージが高いのだが、実際には画面端につれて行き、起き攻めがしやすいゴアの方が期待値は高いといえる。

あえて超を狙わず、ゴアで画面端に
クラークも相変わらず強い。
クラークは打撃がいける上に大門よりも動きが鋭い=起き攻めに移行しやすいのが売り。
逃げる相手をナパームストレッチで捕まえるセンスまで身につければ完璧だ。
こちらも動画を参照(2試合目)
今回の動画では登場させられなかったが裏社もにらぐ大地を使った起き攻めが強力だ。
ただし、バイスやクラークに比べると少し動きが大ぶりなので、違ったセンスが求められる。

アドバンスか、エクストラか、だが、最近はエクストラも強いという気がしてきている。
理由は無理に攻めなくてもいい点だ。
飛び道具を持たないキャラは、ゲージをためるために相手に接近しないといけない縛りが発生してしまう。
しかしエクストラなら、その問題は解決できるし、攻撃を食らってもゲージがたまる。
その上、体力が点滅しても超必殺技が使えるので、理論上は1試合に1回、ゲージを使える。
そこで考えられるのがチームメイトとの関係である。
先鋒と次鋒がともにゲージに依存しない場合は、圧倒的にアドバンス有利だが、2人以上ゲージ依存のキャラが強いチームは逆にエクストラの方が強い。
そこで上位陣でゲージ依存のキャラが誰になるかをまとめた。
ゲージ依存キャラ(チーム内に2人以上いるとEXゲージ推奨)
京・裏ユリ・クリス・裏マリー・タクマ・エイジ・裏ギース
京、裏ギースなどはゲージがなくても強いと言えば強いが、ゲージを使わないなら別のキャラの方が強いという気もする。

次回以降は、02UM、13にも挑戦します。
ただ、触った限りではやっぱり98umがおもしろそうですけどねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です