KOF通信 3月7日版

全キャラランキングを発表


S(神)     

クラウザー(というかカイザーデュエルソバット)


---------------

越えられない壁

---------------


A(レジェンド) 

クリス エイジ クラーク 京 マリー 

裏キング ブライアン


B(頼りになるやつら)

ギース(裏・表) 大門 テリー ハイデルン 裏ユリ 庵

アテナ ケンスウ チン キム タクマ ラッキー D! 裏京


C(一般人)

慎吾 紅丸 裏テリー アンディ(裏・表) ジョー 

ロバート(裏・表) ユリ レオナ ラルフ 舞(裏・表) 

チョイ 斎舟 ビリー(裏・表)リョウ 裏マリー ルガール 

バイス マチュア 社(裏・表) シェルミー 裏クリス


D(足手まとい)

裏ジョー 裏リョウ ちづる 表キング チャン 山崎(裏・表) 

かすみ Mr.BIG


戦いの始まりから約半年が経ち、一応の決着がつきつつある98UM。

現在のキャラ情勢は上の表のとおりだ。



強キャラとは



ここでいわゆる強キャラの定義を述べておこう。

それは何といってもリスクのない攻めを続けられることだ。

この要素があるだけでB以上の価値はあるとみていい。

C以下のキャラは誰もが攻め込むためにリスクを伴うようになっている。

そこで勝率が安定しない。


これはガチメンバーに入れられるかどうかの最大にして絶対の条件だ。

その意味ではAキャラの中でマリーやブライアンは一歩劣ってしまう。

その次に重要なのがガードが崩せる、ということだが、やはりリスクなく

攻めることができるならガードが崩せなくてもさして問題ない

というのが率直な印象だ。


唯一神の強さ



そんな世界観の中でこのゲームを支配するのはクラウザー

いや、クラウザーではなくカイザーデュエルソバット

支配すると言っても過言ではあるまい。

クラウザーを選んだからカイザーデュエルソバットを

使うのではなくカイザーデュエルソバットがあるから

クラウザーを選ぶのである。

この技の無いクラウザーはBキャラにも満たないかもしれない。


ガードしても反撃がない、削りダメージが大きい、突進スピードが速く

足払いをすかすのでうっかり食らって大ダメージ、と酷い性能だ。

前転でかわして反撃することもできない。

この技の前にクラウザー以外のキャラの修練が全て無意味に

なるような絶望感さえ漂う。

(→動画)(3月7日版その2に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です